リフォームがメインの仕事です

入社のきっかけは僕が通っていた専門学校で、学科の先生に勧められたこともあり、学校に求人募集が来ていたので応募しました。

業務内容は大まかに挙げるとリフォームの工事の管理、見積もりの作成、現地の確認お客様との打ち合わせと業者さんとの打ち合わせをしています。
入社して3ヶ月間は上司に同行させていただきながら勉強をし、3ヶ月経ったら一人で仕事をするようになりました。リフォームは同じ物件というものがまずありません。
自分で調べたり、資料が見つからないときは先輩に相談して教えてもらっています。

現場では、建具の調整やハンドルの交換、水周りのコーティングの打ち替えといった軽作業を行います。専門的な作業は専門業者さんや大工さんにお願いする形になっています。

リフォームの場合、壁を壊して開いてみた時に出てくるものややってみなくては分からない部分が多いので、いかに壊したときにどういう状態になっている可能性があるのか予測を事前にお客様にご説明させていただき、職人さんには「もしかしたらここが壊れてるかもしれない」という話をするようにしています。
また、最近だとカメラで現場を撮影して資料を用意して打ち合わせるようにしています。
どうしても言葉だけでは伝わらないので、情報の共有が出来るようにそういった工夫をするようにして、仕事をしやすいように心がけています。
あとは部品などは必ず予備を持っていくようにしています。

地域に根差している事がやまもくの強み

年に一回やまもく地域感謝祭や、地域に対して会社の周囲1000軒くらいやまもく通信を配ったりしています。そういう行いがやまもくという会社がここにあるっていうのを認知して頂くことに繋がっているようで何らかのきっかけでお客様かどうか分からない人でも「やまもくさんの人」として話しかけて頂くことがあります。
やまもく地域感謝祭や、やまもく通信を配っているときにお仕事の話を頂いたりすることもあるので、地域に根差している事がやまもくの強みですね。

何か困った時は「やまもくさんに聞いてみよう」と思って頂ける会社にしたい

アフターフォロー専任スタッフがいるんですが、それでも連絡が滞ることや、お客様から「連絡が来ない」っていう連絡が入社した頃よりは減っているんですが、いまだに来ます。
まず、そういうものをなくしていきたいです。
もうひとつはお客様も価格で安い方を選んで流れていってしまうことが結構あります。価格ではなくて、何か困ったことがあったときは「やまもくさんに聞いてみよう」と思って声をかけて頂けるような会社にしていきたいですね。
八軒はもちろん、それ以外のお客様にもそう思ってもらえるようになりたいです。

(C)2006 YAMAMOKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.