長期優良住宅で建てる家づくり

長期優良住宅で建てる家づくり

長期優良住宅とは、良い住宅を建てて、きちんと手入れをして、長く大切に使うことができる住宅です。
また、この長期優良住宅は、「各種減税」や「住宅ローン」等の優遇措置が受けられます。
※2009年6月4日から「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」 が施行されました。

これからの家づくり

せっかく家を建てるなら地震に強く、省エネで、長く大切に使うことができる家を建てたい!

長期優良住宅の認定は住宅の性能と維持保全計画によって行われます。
住宅の性能は、経年変化によって、低下していきますので、維持管理を適切に行い、性能の低下を緩やかにし、長く安心して住める住宅とすることを目指します。

長期優良住宅とは?

建てるとき

長期優良住宅には、建てる時に必要な6つの条件があります。

建てた後

建てた後も、きちんと手入れをして、メンテナンスをすることで資産価値も保たれます。

税制優遇について

長期優良住宅」認定を取得した住宅は、さまざまな税制優遇が適用されます。

  • 固定資産税の軽減 3年間→5年間 1/2
  • 住宅ローン控除の優遇
  • 登録免許税の優遇
  • 様々な補助金の適用

性能評価・長期優良タイプ

1.耐震等級2以上を実現すること

長期優良住宅認定制度の項目の中で、特に技術的に難しいとされる「耐震性」では「耐震等級2以上」を自社の設定条件とし、「耐震等級2以上」を実現します。

2.万が一にも安心の耐震補償

万が一、地震の揺れで建てた家が全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担します。

【住宅性能評価10項目】

  • 構造の安定
  • 劣化の軽減
  • 維持管理への配慮
  • 温熱環境
  • 空気環境
  • 火災時の安全
  • 光・視環境
  • 音環境
  • 高齢者への配慮
  • 防犯性能

性能表示住宅への関心が高まり、年々増加しています!

性能表示を受けた住宅へのお得なメリットが拡大!

  • 地震保険料率が30年間で最大約30万円割引。※1(等級3で50%割引)
  • フラット35Sの適合証明手数料が約5万円割引。※2
  • 住宅瑕疵担保保険の保険料・検査料が約3万円お安くなります。※1

※1「設計住宅性能評価」だけでなく、「建設住宅性能評価」も受けた場合のメリットです。
※2(株)日本住宅保証検査機構の場合

(C)2006 YAMAMOKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.